2008年11月30日

アメブロへお引越し

皆さま、お久しぶりです。
キャシー♪です。

ミクシーではブログをアップしていましたが、
シーサーはバグが多くて、
困っていました。

それで、コチラにお引越ししました。
楽しい日記を書いていきまするんるん

これからも、よろしくお願いします。

http://ameblo.jp/cinema-english/ 


posted by キャシー at 07:18| 東京 ☀| Comment(32) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

バッタリ倒れて復活!

深夜までのセッションや、夢中になっているシネマ・イングリッシュ、
( あと2名で締め切りです。http://www.cinema-english.com/ )
去年の失敗の生理整頓、などで超多忙を極め、ボランティアにも入ってバッタリいきました。
(しかし、不思議とボランティアからの成果は大きい)
人を応援すると、応援される、って真実だと思うこのごろ。。。

今朝。お弁当を作って起こしたら、息子が頭痛で行かない、って言うのに、やるせなくなって。

お布団を剥いだり、意気地なし、って言ったり、もしかすると、うまく子育てできていない自責の念?昨夜も寝たのは午前1時すぎで、力が抜けて、朝ごはんだけは食べて、エネルギーチャージ。バッタリ倒れこむように寝る。復活は早かった。。。10時前には復帰。

メールチェック、ミクシィチェック、書類の修正、お料理、etc.

お料理は、焼き豚リベンジざます。
チャーシュー麺&チャーシュー丼を食べさせようか、と一塊。週末に作ってボランティアに出かけたら、15cmはあったのが、帰宅すると、3cmぐらいのしっぽになっていた。。。。

一切れ食べたら、ウ、ウ、ウマイ!

ってわけで、これは保存できるので、2ブロック購入。いま、ジップロックの中に、秘蔵の生姜、ネギだれとおねんねしております。
なんちゃって、実はコレです。簡単なのよ。

コツは、余熱を利用して、焼きすぎないこと。
http://www.uka-blog.com/foods/recipi/entry_000190.html 

竹串を刺して、透明な肉汁になったかな?
あやしいかな?というときには、オーブンをオフにして、
5分。そして外にだす。
私は周りにホイルにつつんだジャガイモくんたちを並べます。
ホクホクでおいしいベイクドポテトも一緒に出来上がり♪

ふっふっふっ、明日はあぶり焼きにしてくれよう。
今夜はひたひたにタレに漬かっていなさい。

保存食が何かあると、安心するので、ウチには、冷蔵庫に、お鍋で眠るカレー、とか入っていたりする。
ま、レトルトでもいいのだろうけれど、なぜか手作りにこだわりを持っている。反って有り難がられないから、そろそろ止めようかとも思うんだけどね。

今日は、白菜を買って、キムチ鍋にでもして、元気になろう!
posted by キャシー at 15:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

ついにキター!

昨夜は、シネマ・イングリッシュにハマっている私のうわさを聞きつけて、
とうとう、そんなにやりたいなら、応援してやろうか、という人物が登場。
http://www.cinema-english.com/ 

打ち合わせと、私のやる気を試すため?を兼ねて、焼き鳥やさんで呑み打ち合わせ。
なんと、アレコレ語って、気がついたら7時間も経っていた!!!
これには流石にビックリした。

どうも、お客が減ってきたなぁ、と思ったら、0時でございます。
終電もあと2分、というところでセーフ!

夢を語る、っていいなぁ〜。アホとお思いでしょうけれど、50年後には、著作権も
今とは違った形になっていて、教育の現場ならば、映画もアニメも自由に使える、という
世界になっている。そして、ナマの英語は映画とアニメで勉強するのが当然、という世界
になっている。これを実現したいです。

「昔、キャシー♪っていう変わった人がいてね、その人が始めたんだって」
って言われたら本望です。

だって、アカデミー賞のトロフィーだって、どうしてオスカー像って言われているか、知ってましたか?あれは、最初にアカデミー賞が設けられたときに、裏方でメイキャップ担当だった女性が、あのトロフィーを見て、「この顔、うちのオスカーおじさんにそっくりだわ!」って叫んだことが大元なんですよ。それが、今や当たり前のように、アカデミー賞はオスカー賞とも呼ばれるようになっていて、毎年3月(か4月)のアカデミー賞授賞式では、

"The Oscar goes to....."(オスカーの受賞者は、、、)

と発表されるようになっているじゃないですか。

だから、最初はとんでもないところから物事は始まる。当面の課題は、もっとキャシー♪を増やすこと。いかがでしょうか?ご興味のある方、コメントでも、メッセージでも、くださいませ〜。
posted by キャシー at 11:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

カナダ商工会議所でのパーティー

カナダ商工会議所主催のパーティーに出かけて参りました。

青山で通訳などの派遣をなさっている会社の社長さん、H嬢のお誘いです。
彼女が司会をなさるというので、それでは、と友だちを誘って二人でいざ、赤坂へ。
赤坂見附は行くけれど、赤坂の駅はほとんど使ったことがありません。5Bの出口から、ゆるやかな坂を上がっていくと、ネットの地図にもあった、ホテルシャンティ赤坂。これには二人で顔を見合わせて驚いた。表通りに堂々と面していて、中世の白いお城、といった外観。それがラ○ホテル。。。よくも近隣からの反対にあわなかったものだ。ここだけ浮き出ている感じ。入る人も勇気がいるでしょうねー、などと笑いながら会場へ。

赤坂ジェトロ会館。むむむ、渋い外観ではある。早めに着いたので、落ち着いて受付を済ませ、重鎮らしき初老の紳士や、可愛らしい声楽家とごあいさつ。三々五々ゲストがやってきて、なかなか盛況なパーティーとなった。7時開始とのことだったけれど、そこは日本のパーティーとは違い、自然にビールやワインを飲みはじめ、お互いに自己紹介し、一度見知った相手を新たな方に紹介し合い、また他の輪に加わっていく、という感じ。60人ほどもいただろうか、立食パーティーだったが、けっして広くない会場は、もうぎっしり。カナダやフランス、オーストラリアと駐在で飛び回ってきた商社マンや、ティファニーに勤めるイメージコンサルタントや、日本語教師でベトナムやブルガリア、マレーシアに住んでました、という方、商社にいて中国語はペラペラのOLさんとか、多彩な顔ぶれでありました。

カナダ商工会議所長のCさんとお話させていただいた。「オバマさんが大統領に決まったのは、本当に嬉しかった。アメリカ大使館、カナダ大使館の人たちみんな、大歓声で歓迎した、興奮した」と言っていた。(彼女はもちろん典型的、金髪、ホワイトです)「しかし今回オバマさんが負けたら、それこそもうアメリカはおしまいだ、と思いました」と。

IBMをはじめ一流企業の取締役を渡り歩き、日本に25年以上在住。日本国籍を取得した、というチャーミングな女性でした。4児の母、というのも驚き。凄い人がいるものだ。

パーティー中ほどで始まった、ごあいさつ。日本語も堪能なのですが、英語でのスピーチ。パワーポイントを使って「カナダが日本に、日本がカナダに期待すること」をテーマにお話。


30分ほどだったけれど、同じ女性として、一番印象に残ったのは、子育てが一段落してから仕事に復帰する日本人女性の割合は、世界基準の7割に対して、1割に留まっていて、実に勿体無い。有能な女性の活用よりも新卒の学生を優先的に雇用しようという日本の文化によるところが大きく、そのため不足する労働力を移民に頼ることになっていくだろう、しかし受け入れ態勢も不十分で、カナダから移民して日本に25年住む彼女自身ですら、参政権がない、と言っていた。これは、驚くべき事実でありますね。。。

ということで、色んな魅力的な方達とお話でき、美味しいお料理とワインも楽しめたひととき。帰りがけにクロークで、料理人を見かけたので、「ご馳走様、美味しいお料理でした」とごあいさつしたら、「何が美味しかったですか?」「バラ寿司が。ハマグリの佃煮が深い味だしてました〜」と言ったら、奥に向かって、「おーい○○さん、バラ寿司が美味しかった、ってさ」この会場は色んな団体がパーティー会場として使うらしく、それから、ひとしきり昨日、ここで開かれた東大柔道部のパーティーでの石井くんに対する罵詈雑言とか、色んな話に飛んだのだった。。。


わかったこと。

1)若く美しい女の子の集団の近くには、女同士でも、近寄りがたい。

2)日本式の長〜いあいさつ+乾杯で始まるパーティーより、
自然にゲスト同士が打ち解けて、ワインやビールも自由に開けて、話が弾み、お腹もある程度満たされたころに、ごあいさつから入る形の方が楽しく、スマートである!

3)堅い質問は、質問している人の自己満足に始終することが多い

表も裏もたのしんだ、一夜だった
posted by キャシー at 22:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

楽にいきまっしょい♪

自分の責任なんですが、このところ、次々と予定を入れてしまう結果、スケジュールがタイトで、体力がついていかない。意識して家でゆっくりする時間を取らないと、周りに迷惑をかけてしまう。

昨日はそんなことで、午前中の予定に行けない、ということを引き起こしてしまった。ストレスからか、胃がきりきりと痛む。。。夕飯を作ってから出かけるわけだけれど、もう、無理。。。電話にてキャンセル。

1対1ではないランチの集まりだったので、大きな影響はなかったかもしれないけれど、あってはいけないこと。本当に申し訳ありませんでした。

午後からはレッスン&勉強会があり、帰宅は午前様。

今朝は5時半に一旦目が覚めたので、2度寝してはアウトと思い、いっそ、もう起きてしまえー、とお弁当を作り始めた。

結局、息子は午前中授業だとかで、持たずに学校へ。帰宅して食べればいいかと、テーブルの上に置いて出かけたら、仕事を済ませて、夜帰宅したときには、そのまんま。自分は外できつねうどんで済ませたのに、こういうのが一番がっかりする。せっせときれいに作って、そのままゴミ箱行きですから。。。。

忙しくしても報われない感がある。少し自分を休ませて、じっくり全体像を見回して、どこをどうすれば、より良くなるのか、考えてみよう。

昨夜の勉強会(参加者は約80人)では、息子を心から信頼して、さらに言えば彼に対して、尊敬をもつこと、とコーチされた。尊敬??と不思議に思うけれど、「こんな母親の息子を立派にやっていて、尊敬しています」ということは、いくらでも可能、だそう。そう考えてみれば、確かにそうかもしれない。アホな私より、よっぽど要領がいいし、友達作りはうまいし。。。

何をやっても、この子なら大丈夫、生きていればOK、根底に愛と信頼さえあれば、大丈夫、と掴んだ。何度も周りからアドバイスされてきたことなのに、芯から腑に落ちていなかったのかも。

そうすれば、自分ももっと楽になる。意識の中で、彼を落ちないように、落ちないように、と縛りすぎて、自由さも愛もなかった。

息子がパワーを失っているのも、当然と言える。なんでも、やってみなさい!と、どーん、と構えていこう




ところで、お知らせです。

11月24日に開催される、キャシーのシネマ・イングリッシュ、一昨日、あと7席、とお知らせしましたが、おかげさまで、満員御礼どころか、席が足りなくなりました。そこで、別会場を用意いたしました。
新しい会場は、参加者のみなさんに、メールかメッセージでお知らせいたしますね!

本当にありがとうございます。
楽しく学んでいただきまっす! 
posted by キャシー at 23:09| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お引越し

シーサーブログにお世話になってきましたが、

あまりにもバグが多く、
(日記の反映が遅い、コメントしてくれても反映されない、etc.)

残念ですが、お引越しすることにします。

mixiに戻って、ブログを継続します〜♪

暫定的に、両方にアップして、いずれ、アメブロを立ち上げて

mixi以外の方からもアクセスしていただけるようにしたいと

思っています。

よろしくお願いします。

一応、ごあいさつでした(^^)

では、では、see you!

Cathy♪
posted by キャシー at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

連休最後、日常へGo!

三連休最終日は両親のお見舞い。

朝は息子とのいつもの会話
「いつ、おばあちゃんやおじいちゃんと会えなくなっちゃうか分からないんだから、今のうちに会って、顔を見せておきなさい」

ゲームにしがみつく息子を剥がすのに失敗、撃沈。
一人さびしく高速に乗る。

高速を横浜からつくばまで飛ばすと、当然、東京を西から東に横断するので、まったく毎度の渋滞は「忍耐力強制ギブス」と化す。

父→母の順でお見舞い。
一緒にプリンを食べる。
ささやかなものでも、よく冷えたデザートはあまり出ないので、
「うん、美味しいー」と喜んでくれる。
手作りの愛(アイ)マスクネコ with ラベンダーの香り shikamo〜
二人ともお揃い(^0^)/をプレゼントして、ニコニコ♪
お風呂に入れてもらって、つやつやした父の笑顔を見ると、安心する。

でもね、悲しいです。毎日変化のない、平穏無事で刺激のない生活を
80才になって過ごしていると、入るんですよ、ボケが。
やはり、生きていく上で適度な刺激とストレスは必要みたいですね。

行きは事故渋滞、帰りは連休を都内から脱出した人たちのリターン渋滞。

明日から日常に戻るのだけれど、ゲームに浸かる息子をどのようにすればいいか、悩みつつも黙って耐え忍ぶ母をやってみましょう。
この子はきっと、大丈夫、と信じるところから。


ところで、一昨日のパーティーで、「おお、参加したい!」って言ってくれたアナタ、イベントは11月24日です〜♪

<キャシーのシネマ・イングリッシュ>

映画は「恋愛小説家」♪
ジャック・ニコルソンとヘレン・ハントがアカデミー賞をダブル受賞した素敵な作品です♪

日時:11月24日(月) 13:30〜16:30
場所:京橋プラザ区民館4号室
中央区銀座1−25−3 TEL:03(3561)5163
東京メトロ有楽町線新富町駅2番出口又は都営浅草線
宝町駅A1出口いずれからも徒歩5分
料金:社会人5000円学生3000円
※初参加のお友達連れでお2人とも2割引

嬉しいことに、あと、お席は残り7席となりました。
メッセ―ジで、直接どうぞ!
posted by キャシー at 12:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

有意義な秋の一日の過ごし方

昨夜は、26才の若さで会社を興すこととなった、マイミクのnaoちゃんの
お祝いパーティーにお邪魔してきた。

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=833046

つくば大学→中外製薬 とエリートコースを歩んできた若者が、バイオ燃料の元となる木を南の島に植林して、環境にエコなエネルギーを生み出す事業に乗り出した。後ろ盾があってこそではあるが、大したものだ。応援していきたいと思う。

クリスマスツリーの代わりに、1本いかが?今なら3000円にて、購入可能。植林して、ネームプレートを下げてくれるそうです。なんだか環境にいいことしてる気分にもなれるし、オーナー気分も味わえる。その木が石油のように、油の生る木なら、いずれ、稼いでくれるのでは?じゃあ、いわゆる、育つ油田?

詳しいことを知りたい人は、どうぞ。naoちゃんに聞いてみます〜。(或いは直接聞いてみて)

飲み会の席では、美容整形外科の先生の向いに座って、面白い話しが色々聞けて、非常に楽しかった。医者も、話術ですね〜!!
特にマダムがお相手の場合は、、、、。



息子の家庭教師に関しては、ありがたいメッセージから、引き続き当たっていただいています。いい人が来てくれますように!!!


今日はかねてから、同窓生から誘われていた、大学の学園祭に卒業以来、始めて出かけてきた。クラスメイトと、ん十年ぶりに会えて、懐かしかった。話し始めると、芋づる式に出るわ出るわ、先輩や友達の話が次から次へと。テニスをやっていた子は、子供にもやらせて、家族4人で楽しんでいるとか、変わらず自宅と専門学校で英語を教えているとか、子育てが終わったら留学して学びなおしたいとか、それぞれの人生を着実に歩んでいる。娘がダウン症で生まれた子は、いいお医者さんがいる近くにマンションを買って、遠距離夫婦をしていたり。

それぞれに、みんな素晴らしい母親やってるなぁ。

大学はこのご時勢の中、去年、今年と立て続けに2つの学部を新設し、建物も次々と新しくなり、去年大規模な記念棟が完成して、全く別物になっていた。卒業した学校が良くなっていくのを見るのは、嬉しいことだ。毎年、学園祭に、第○○期卒業生、ということで次々と招待しているらしい。今年は私達の代に当たったということ。

学長のあいさつ、卒業生( NHKの言葉おじさん、梅津正樹アナウンサー。私は朝6時半からのラジオ体操をやったあと、時々見ています )の講演、在校生によるミニコンサートのあと、ホテルでのパーティー形式の、本格的ケータリングサービスが用意された会場での立食パーティー。おでんなどの屋台まで出ていて、豪華な内容と言えると思う。それが、、、無料。

これには驚いた。なんて気前がいいんでしょう。新校舎、人工芝を使った広大なグラウンドの新設、記念塔の竣工。そして、ご招待パーティー。この学校って、こんなに豊かだったの?とみんなで改めて感心。

同窓生としての責務を果たしてね、と言われたような。。。

コトバおじさんとは、偶然同じテーブルになり、色んな面白い秘話を直接お話させていただくことができて、感激。さすが、一流のアナウンサーのコトバは、なるほど〜、と胸に響いた。

自分の言葉が公共の電波に乗ること、その反応から来るストレスは、尋常ではないらしく、3年ほど前にそのストレスから1週間で右目の視力を失ったそう(私達にオープンに話してくださった)。世の中クレーマーのような人種も多いようで。。。

どんな仕事も、隠れた苦労はあるものだ。

有意義な秋の一日。お天気も最高で、同窓生たちとは、これからは、年に1度は会おう!と盛り上がった。

明日は、両親の顔を見に、Go! 


posted by キャシー at 23:32| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

家庭教師の現実を知る...

みなさま、様々なアドバイス、情報、その他本当にありがとうございました。
日頃あまり絡んできてくれない方たちまで、メッセージをくださって、感謝の気持ちで一杯です。
うるうる。こんなに暖かかったなんて、感激。ありがとう!!!

「法に触れるようなことをしない限り、信頼してあげなさい。余計なことを言わず、黙って見守りなさい。自分の子供でしょう?大丈夫」と、自分の経験を話してくれたのが、一番響いたかなぁ、、、。

確かに、とことんワルをやって、社会に出てから大成する人、っていますよね。私の近くにも凄すぎる!という人がいるので、よく分かる。

学生時代までは秀才でも、社会に出ると、なんてことない、っていう人ケースも沢山あるし、出来過ぎて期待され、途中で燃え尽きて引きこもってしまうケースだって沢山ある。

母親の私が盆栽教育(芽を摘み取ること、アハハ)して、ちっちゃくまとめてしまう、なんてアホですよね。

それで、、、、すっかりゲームにハマってストレス解消?している息子。結局3日連続で学校を休んだ。夜10時近くになってもやっているので、ちょっと、運動不足解消にジョギングに付き合ってくれない?って水を向けると、「ん?今から〜?」といいながらも、
「帰りにアイス買ってこようよ〜」のエサに、引っかかってきました。
やっぱり、まだまだ子供じゃのう。

いつもはあまり使わない通りを、二人でジョギング。通勤途中の会社員が結構歩いているなぁ。ロイヤルホストまで行って曲がって、ローソンの先を右折、ガストもあったんだね〜、などと言いながら。昼間久しぶりに一緒に英語の勉強をしたので、走りながらその復習。
「何か食べたい、って何ていうんだっけ?」
「I want to eat something.」
「違う言い方もやったよね?」
「I want something to eat.」
「さすが! じゃぁ、何か甘いもの食べたい、って何ていうのかな?」
「甘い、って?」
「スー、、、、なぁんだ?」
「スイート!」
「おお!  そうそう、それじゃ、それをどこに入れるでしょう?」
しばし走りながら考えて、色んなところに入れてぶつぶつ、、。
最後に、
「I wantぉ、somethingぅ sweet to eat!」
「おお! 天才的ぃ!」

この調子で6週まわって、息子は汗だくだく。
3日間家から一歩も出ないでまったりゲームをやっていたので、毒素がたまっていたのだろうか?

私も久しぶりで凄くスッキリ!いい気持ち。
腰痛も楽になっていた。座ってPCに向かって映像見てますからねー。
帰りはローソンで普段は買わないような夜食を買って、ニコニコ。

これは、ぜひ、続けましょう。大切なのは、褒めちぎってやる気にさせること。最初はそうでなくても、勘違いしているうちに、いずれ、本当に出来るようになるからね。

家庭教師の面接に備えて、塾のテストの結果を吟味すれば、国語はまぐれにしても、1問間違えで、偏差値70をとっている!!!
それを褒めそやせば、本当にそうなるかもしれない。

アホ扱いはやめ、「本当はデキル子なんだ」というところから関わっていこう。

塾の面談に、爽やか青年が、来てくれました。素晴らしい。

しかし、やっぱり、結局こんなにかかるのね?!ということが判明。
委託費やら、教材費やら、維持費やら、色んな名目をつけて、費用がかさむようにできている。時給2000円です、なんていうのはほんの一部で、表向き。

ワーキングプアでも記事になっていたけれど、その日暮らしの人たちは、仕事がないと大変なので、派遣業者の紹介してくれる仕事を必死にゲットするしかない。が、派遣先が支払っている金額の半分以上は、業者が持っていってしまう。派遣会社が儲かるのは、同然ですよねー! さらに言えば、(特に外資系の、さらに金融系の)ヘッドハンティングの会社なんて、紹介先から、1〜2年分の年収をゲットすることも珍しくないのだとか。
腑に落ちないけれど、これが現実。

家庭教師に話を戻すと、派遣組織に同じかそれ以上払うのなら、個人で優秀な人を探して本人に直接支払ったほうが、断然いいじゃない?!

分かっているけど、なかなか上手くいかないんでしょうかね。。。
みなさんはどう思いますか?


posted by キャシー at 17:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

求む!熱血家庭教師

朝晩寒さを感じるようになってきました。
みなさん、風邪など引いていませんか?

学校を3日連続で休んでいる息子。半分はサボり。塾もサボり。
部活を辞めてから、目標を見失ってしまった。

ママ友達や、友人が家庭教師の探し方、情報を教えてくれたので、探し始めました。もし、横浜在住で、高校受験の経験があり、やる気満々の家庭教師がいたら、ご紹介くださいね。でも教材は売りつけないでね。
(今回のママ友の話し、30万円の教材を買ったら、文科省の指導要綱が変わって使い物にならなくなって、などの話がゾロゾロ)

私が教えたい分野もあるけれど、聞く耳を持たないので、無理ね。
親子は難しいですね。

よその話を聞いても、近い関係であればあるほど、難しくなるようで。

しかし、高校生でバイクの事故を起こし、息子さんを亡くしてしまったママの話を聞けば、生きているだけで、ありがとう!という気持ちになって、感謝の気持ちも湧いてくる。

けれど、現実を目にすれば、やはりなかなかそうは行かないものです。
「立てばはえ、はえば歩けの親心」

しかし、じっくりと話を聞けば、外から見ては分からなくても、どの家庭にも悩みは尽きず、であります。

「だからこそ、やり甲斐、生きる甲斐がある。楽しいじゃないですか!」
って、研修先では背中をバーンと叩かれそう。

教師時代の経験からすると、高校生になると少し大人になって落ち着くのだけれど、中学生はちょっと、荒れますね。今は子供がいてこそ、経験させてもらえる悩みと思って、親として鍛えられよう。

昨夜はマイミクさんの日記に、「待つ」ことの大切さが書かれていて、その通りだ、期が熟するのを待つ姿勢も大切だなぁ、と考えさせられました。準備をしつつも、少し泳がせてみよう。
posted by キャシー at 12:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。